アセット 7@4x.png

高地で志高く、果敢に有機農法着手する

3組の茶人たちが創る、澄み渡る高級煎茶。

味わい深く冷茶に最適。

有機JAS認証の煎茶「清流」

自然との調和を保ち、本当に安全でおいしいお茶を

 静岡県は、全国の茶園面積・収穫量の約40%を占める日本一のお茶の産地である。お茶の木は、年間平均気温14~16度以上、冬の最低気温5~6度程度の温かい地域で、年間1500ミリくらいの雨が降る土地を好む。東西に広い静岡県では、お茶作りに適した気候、水はけと日当たりのよい土地、高い生産技術により、各種品評会で数多くの賞を受賞するような品質の高いお茶が生産されているのだ。  平成29年の荒茶の総生産量は8万2千トンで、有機の割合は3・41%。お茶ができるまで通常、年間15~20回ほど農薬が散布される。濃厚で深い味わいのお茶を作るために、大量の窒素肥料が投入される結果、硝酸態窒素などによる地下水汚染が問題になっている。  そんななか、農薬や化学肥料を一切使用しない有機茶づくりに取り組む「するが有機農場協同組合」が東日本大震災を機に発足した。静岡ブランドにあぐらをかかず、情報交換をしながら互いに協力し合い、有機栽培技術の向上に励み、最高の茶づくりを追求している。

有機栽培だからこその茶の旨み:岩崎忍

 有機栽培には大変な面がたくさんあります。湿度が高い梅雨時は病気が出やすいため、日本の気候自体が有機の実現を難しくしていると思います。  有機栽培と慣行栽培のお茶では硝酸態窒素の値が全く違います。有機栽培は窒素肥料を与えないため、お茶が伸びず、収量は減ります。でも、香りが爽やかで、嫌な苦みがなく、後味が違います。農薬を使っていないので、茶殻も食べられます。今年は妻も僕も蜂に刺されました。消毒をしないため、お茶の木に蜂が巣を作るんです。生葉には慣行栽培の約2倍のビタミンCが確認されています。  落とした葉っぱや茶殻などが土の上に堆積せず、すぐに微生物が分解してくれて、たいがい1年で土に還ります。微生物が炭酸ガスを出すので、土が柔らかく、ふかふかです。酸素が行き渡るからよい根っこが育ち、肥料を吸収してくれます。草が生えやすいので、草取りは大変ですが、やっぱり土作りは大事だと思います。肥料は乾燥おからや醤油かすなど、植物性の有機質のものを使っています。あとは配合機でぼかしを作って使います。  東日本大震災の福島原発事故により、放射能規制値越えのお茶が静岡から出ました。その年は扱い停止になり、苦労して作ったお茶を廃棄処分にせざるをえなかったのが辛かったですね。その後、お茶を飲んでくれる方が減ったように感じます。お茶の需要が少なくなったことに危機感を覚え、「水を汚さない、山を守る」という根本的な考え方が同じ3軒が集まり、一緒にがんばっていこうと結成したのが、するが有機農場協同組合です。  有機栽培なので、飲むだけではなくおにぎりなどの料理に使ってもおいしいですよ。

© farm camp All Right sreserved.